【Pixiv sketch】画面共有など、ライブ配信の使い方

for_PIXIV

コンクリートヒートチェッカー男子デス。

夏の暑すぎる日に描いた子なんですけど、真昼にわんこを散歩させているのがどうのみたいなつぶやきをツイッターで見た後くらいに「ヒートチェッカー!!!」という謎テンションで描き上げましたね。

今でも謎です。

pixivスケッチというライブ配信機能のテスト利用も兼ねていたので、使い方その他もレビューしたいと思います。

YouTubeのライブ配信も併せてご紹介します。


作業配信できるモノはだいたいこの二つ

  • YouTubeのストリーム配信
  • PixivSketch

YouTubeとPixivsketchの両方触ってみた感想からすると、お手軽度はpixivsketchの方が高いです。お絵かき特化な部分もあるので、クリスタでのお絵かきをライブ配信したいな~って思ったら断然Pixivsketchおすすめします。

YouTube ライブ配信のおすすめするところは、、あー……うまくいけば収益化できるところですかね。配信動画をそのまま普通の動画として投降できたりもしますし。

※Pixivsketchはスクショが投稿されて動画は消える(たぶん)

ログとして動画を残したい方はYouTubeでいきましょう。


さてまずは!

PIXIVのマイページを開きましょう。中央真ん中付近に人気のライブという項目があるかと思いますが、それが視聴数の多いライブ配信です。



あ、私のpixivフォローしてくれたらうれしい。

項目のすぐ下に「ライブをはじめる」という水色のリンクがあるのでそこをクリックしましょう。

また左側のメニューから「sketch」「ライブをはじめる」という項目があるので、そこからでもOK!


するとこんなページが別窓で開かれると思います。ここから視聴も配信もできる様に!!よく配信するならブックマークしておくのも良きですね。



右上のこちらをクリックして…………



こんな画面が出ます。

キャプチャ画像はとりあえず放置でも良いかと思います。

大事な設定はこの後の画面です。※ライブチャットしないなら「みんなと一緒に描く」のチェックは外しても( ´∀`)bグッ!



ライブ配信設定の欄に

「画面共有で配信」「カメラで配信」「ドロー機能で配信」という三項目があります。それぞれは名前の通りなのですが、一応どのような画面になるのかスクショをとってみたので見てください。

▼画面共有ではクリスタの画面や、ブラウザーの画面などをそのまんま配信することができます。ただしクリスタのポップアップは共有されないので、アプリではなく全画面共有にしておく必要があります。

▼カメラ配信はPCカメラから手元を映して配信できるやつです。使い道がわからないですが、たぶんアナログイラストとかの配信にうまくすれば活用できるのではないでしょうか!!

▼ドロー機能はpixiv上で絵チャができた時の名残のようなものかと思われます。……確か、はるか昔にできたような気がするのですが。(間違ってたらごめんなさい)


私が主に使うのは画面共有でクリスタです。べんりだよ。


マイクをオン/オフは音声付で配信するか否かの設定なので、お好きな方を選択( ´∀`)bグッ! 通常画質、低画質の設定はお持ちのPCのスペックやWi-Fi速度如何で変わるので、重そうだな~~と思ったら低画質配信でやってみよう。

画質に関してはそこまで大きく変わることはないと思っています。個人的に。

あとはザクザクお絵かきするだけ!!

コメント来たら泣いて喜べる!


普段はこんな落書きしてるよ※twitter




WONDERINGYOUTH
ペン画民のアナログ生活

飽き性三日坊主を極めた雨涙のだらけた日常




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA